マンション売却・注文住宅購入時にかかる仲介手数料とは何か

あなたの理想に適った不動産売却をするためには

女性

マンション売却や注文住宅売却をするときは、不動産会社と媒介契約を結びます。少しでも高額で売却したいなら、媒介契約の知識を習得しておきましょう。

媒介契約は3種類ある!~媒介契約ごとの違いを把握しておく~

専属専任媒介契約
1社の不動産会社に仲介を依頼して媒介契約を結びますので、他の不動産会社を利用することはできません。不動産会社は、限られた期間内で買い手を探さないと売買契約ができないので、短期間で買い手が見つかります。
専任媒介契約
専属専任媒介契約と同様に、1社の不動産会社と媒介契約を結びます。しかし、専任媒介契約では、自分で買い手を探して不動産会社を介さずに契約することもできます。より好条件の買い手を探したい人は、専任媒介契約を利用しましょう。
一般媒介契約
一般媒介契約は、複数の不動産会社に仲介を依頼することができます。また、契約に有効期限がないために、買い手探しに時間をかけることができ、理想の条件で売却することも可能です。時間に余裕があり、納得した価格で売却したい人向けです。

高額で売却したい人は専任媒介契約がオススメ!

自分が希望している価格で不動産を売却したい人は、時間がかかっても専任媒介契約が良いでしょう。じっくりと買い手が見つかるまで待つことができます。特に売れにくい不動産は、専任媒介契約を結ぶと良いでしょう。1社の不動産会社がどんな不動産でも営業活動をしてくれますし、2週間に1度は状況報告をしてくれます。信頼できる不動産会社が決まっているなら、専任媒介契約で高額売却がオススメ。下記サイトでは、マンション売却を有利に進められる業者が紹介されているサイトなので比較検討してみましょう。

マンション売却のプロが見つかるオススメサイト

媒介による売却でかかる経費内訳を確認しておく

注文住宅売却やマンション売却を検討している方は、売却にかかる費用を確認しておきましょう。特に仲介手数料について詳しく理解しておくことが大切です。

売却にかかる費用

仲介手数料
「仲介手数料は不動産の購入時に発生するもの」と捉えている人が多いですが、不動産の売却時にも仲介手数料は発生します。この仲介手数料は、実は上限額が決まっています。「上限」と表記されているということは、この計算式で出た額より安くなることもある、ということです。不動産売却時の仲介手数料は仲介会社によって変わるということ、そしてこの計算式の内容を覚えておきましょう。
印紙税
不動産を売却するときには、印紙税という税がかかります。印紙税の税額は不動産の売却値によって変わります。仲介会社が印紙を用意してくれるのが一般的です。
譲渡取得税
譲渡所得税が発生するのは、「不動産を売却して利益が出た場合」です。所有している不動産の売却値が購入した額よりも高かった場合は、利益が発生したとみなされ、税務署にその旨を申告する必要があります。逆に購入したときの額より売却値が安くなった場合は税金が戻ってくることがあります。譲渡所得税に関しては計算方法を含めいろいろ複雑なことが多いので、税務署を通してしっかり説明を受けるようにしましょう。
司法書士費用
不動産を売却する際、抵当権抹消や住所変更登記など、これらの書類の作成費用が発生します。これらは司法書士に依頼するのが一般的ですが、この費用を不動産の売主が負担するのか買主が負担するのかは地域によって違ってきます。所有している不動産のある地域がどのような慣習となっているのかを調べておくとよいでしょう。

仲介手数料はどのように決まる?

高額の金銭をやり取りすることとなる不動産売却にとって、仲介手数料はとても大きな出費となります。仲介手数料に関する正しい知識を身に付けておけば、支出額をある程度抑えることができます。

仲介手数料の計算方法

  • 売却値が200万円以下の場合・・・上限5.25%
  • 売却値が200万円を超え400万円以下の場合・・・上限4.20%
  • 売却値が400万円を超える場合・・・上限3.15%

※平成16年4月1日から消費税相当額を含めた総額表示になっています

仲介手数料の計算をしよう

一軒家

このように、仲介手数料は3つに分類されていることが分かります。売却値の具体的な額が分かっていれば、いずれかの計算式に当てはめて上限額を算出することができます。ただ、売却値の具体的が額が分かっていない状態でも上限額を算出できる計算式もあります。

仲介手数料の計算式

この計算式を利用すれば、不動産の売却を検討しているときや、不動産会社との仲介の契約後などに予想した売却値を計算式に当てはめて仲介手数料を事前に予想することができます。

実例で仲介手数料の相場をみてみましょう

東京都板橋区のマンション売却の場合

特徴:オートロック・防犯カメラが設置されているため、安心して生活することができます。また、内装は2016年にリフォームしているので、築年数を感じさせません。 販売価格:3,000万円 築年数:1992年3月 最寄り駅:都営三田線「蓮根駅」徒歩7分 都営三田線「志村三丁目駅」徒歩11分 仲介手数料:96万円

東京都板橋区の注文住宅の場合

特徴:日差しが差し込む開放的な空間。開口部が広めの設計となっているので、風の通りもよく、1年中明るい室内が魅力的です。 販売価格:4,500万円 築年数:2000年12月 最寄り駅:都営三田線「志村三丁目駅」徒歩14分 仲介手数料:約141万円

東京都板橋区の注文住宅(積水ハウス)の場合

特徴:近くに小学校もあるために、子育ても最適。室内はリラックスできる広々とした印象で、生活感を感じさせない設計が特徴になっている。 販売価格:5,000万円 築年数:2016年10月 最寄り駅:都営三田線「板橋本町」徒歩9分 仲介手数料:約156万円

仲介手数料に関しては値引きが可能

仲介手数料には、上限が設けられています。基本的に仲介手数料の額は不動産会社が自由に決めることができるので、売主と仲介会社側のやり取り次第では安くなる可能性もある、ということが言えます。最近では、不動産会社のほうが「仲介手数料◯%OFF」「仲介手数料半額」といったサービスを提供するようにもなりました。ひとつアドバイスをすると、値引き交渉は媒介の契約を結ぶ前にするようにしましょう。なぜかと言うと、不動産会社は媒介契約後売主を探すための活動に勤しむからです。そのときに値引き交渉をしても、不動産会社側はあまり良い顔をせず、交渉もスムーズに進まないことが予想されます。交渉値引きは媒介契約前、これをしっかり頭の中に入れておきましょう。

TOPボタン